自分のひざを労わる

痛みを我慢していた

男性

私は仕事の都合上、立った状態で一日を終えることが多い状態でした。毎日1万歩以上は必ず歩き、階段を駆け上がったり駆け下りたりしていました。また空手を趣味としており、暇さえあれば蹴りの練習をしていました。自分の脚力には自信がありましたし、足の筋肉の太さを自慢していたこともあります。しかしあるとき急にひざが痛くなり、それまでのように走ったり蹴ったりすることができなくなりました。ひざを専門とする病院を受診したところ、私のひざの軟骨は磨り減ってしまっているといわれました。私は強い喪失感に襲われ、どうにかもとの状態にならないかネットで情報を必死に集めました。そんなときに見つけたのがグルコサミンのサプリです。

健康に気を使う

私は変形関節症と診断を受けたのですが、この病気は長年使い続けた軟骨が擦り切れてつぶれることで、元に戻らなくなった状態らしいです。グルコサミンは魚や動物に含まれる成分で、カニやエビにも多く含まれています。その効果は磨り減ってしまった軟骨の再生、関節痛の緩和と、私にうってつけのサプリメントでした。現在では蜘蛛の糸にすがる気持ちで、効果を期待してサプリメントを飲んでいます。医者だけに頼らず、自分で考えた末のグルコサミン摂取ですので、効果が現れるかはまだわかりません。しかしグルコサミンサプリの効果で、私が使い続けた関節の間にある軟骨を再生させ、また元通り走り回ることができるようになるといいと思っています。